飲食店の売上アップをする方法|経営難に打ち勝て

女の人

医療に関する経営

整体師

整骨の仕事を始めるには

「柔道整復師」の国家資格を取得して、初めて開業できるのが、整骨院です。整骨院の特徴は、保険が適用される「医療行為」を行っているという点です。そのため、整骨院を開業する際には、きちんと設備を整え、保険請求のための手続きを行う必要があります。まず最初にすべきことは、事業計画を立て、施術場所を準備することです。開業には多額の資金が必要ですから、何にいくらかかるかを事前にシミュレートすることが重要です。金融機関に融資を求める場合には、事業計画書を作成し、開業にあたっての熱意や理念、経営方針をプレゼンできるようにまとめておきましょう。そして、物理的に開業できる目途が立ったら、次は開業日を決めて各種手続きをします。この手続きは、届け出をして受理されたら、その書類をまた次の届け出に使う、という流れになるため、順番があります。まず必要なのが、保健所への整骨院開設届です。開業後10日以内の提出が義務ですので、できれば開業と同時に速やかに提出しましょう。そして、次は保険請求のための手続きです。まずは開設届とその他の必要書類を揃え、地方厚生局から、保険の受領委任契約の了承を得て、「契約記号番号」を取得します。同様に、共済組合から「地方共済協議会承諾番号」を、防衛省から「防衛省番号」を取得します。これは、一般市民、公務員、そして自衛官と、それぞれに加入している保険制度が違うためです。開業しても保険請求がすぐできないという事態を避けるため、できるだけ早く手続きをしましょう。そして、最後に労災保険を申請したら、ひととおりの手続きが完了します。その他、状況に合わせて手続きが必要なものに関しても、きちんと調べて早めに済ませておくと、施術も経営もスムーズです。